先週のマーケットの振り返り(2020/7/13-7/17)

2020年7月20日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
米国株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大が続いたものの、ワクチンや治療薬の開発期待などを背景に出遅れの景気敏感株が堅調に推移したことなどから、NYダウは週間では2.29%上昇しました。4-6月期決算発表がスタートしましたが、市場全体への影響は限定的でした。日本株式市場は、週初は新型コロナのワクチン開発などへの期待から、前週末の米国株が大幅高となったことを受けて、日経平均株価は500円近い大幅上昇となりましたが、東京を中心に新型コロナの国内での感染拡大が続いたことなどから伸び悩みました。日経平均株価は1.82%上昇しました。欧州株式市場は、新型コロナのワクチン開発期待などを受けて資源株や自動車株などを中心に堅調となり、DAX指数は2.26%、FTSE100は3.20%上昇しました。中国株式市場は、経済指標はおおむね市場予想を上回りましたが、米中対立の激化や中国政府の景気刺激策への期待がやや後退したため、上海総合指数は5.00%、香港ハンセン指数は2.48%下落しました。

<リート>
グローバル・リートは欧米での株価上昇などを好感して0.56%上昇しました。

<債券>
主要国の債券利回りはまちまちな動きとなりました。米国の長期金利は新型コロナの新規感染者数が増加傾向にあることなどを受けて、0.018%低下しました。独英の長期金利は上昇しました。

<為替>
円相場は円安方向に推移しました。対ユーロでは、ユーロ圏の経済活動再開や復興基金への期待感などから1.21%下落しました。対ドルでも小幅ながら円安となりました。

<商品>
原油価格は、ほぼ横ばいとなりました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート