【Vol.140】「予想分配⾦提⽰型」ファンドって何︖

2021年12月2日

基準価額の水準等によって、受け取る分配⾦が決まっているファンドです。運⽤成果に⾒合った分配⾦を受け取りながら、資産を殖やすことが期待できます。

「予想分配⾦提⽰型」ファンドは、基準価額の⽔準をみれば、どのくらいの分配⾦がもらえるのかイメージできるため、使い途の計画が⽴てられます。運⽤成果*を分配⾦として受け取ることで、利益確定のための売却タイミングに悩む必要もありません。また⼀度売却してしまうと、再度投資する際に⼿数料がかかったり、購⼊タイミングが難しく、更なる値上がり益を享受できない場合もあります。「予想分配⾦提⽰型」ファンドは、資産運⽤の基本である「⻑期投資」が実践しやすく、資産を殖やす⼯夫をしつつ、使う楽しみもある⼈⽣100年時代にもあった仕組みのファンドです。*購⼊時の基準価額によっては、運⽤成果とならない場合があります。

 

※上記は「予想分配⾦提⽰型」ファンドのイメージ図であり、実際の投資成果ではありません。また、将来の成果を⽰唆あるいは保証するものでもありません。

関連マーケットレポート