【Vol.138】なぜGDPと株価は相関性が⾼いと⾔われているの︖

2021年11月5日

GDPの多くを占める個⼈消費が活発化することで、企業の業績向上が⾒込めるためです。

経済活動の中でも、個⼈消費は重要な要素であり、各国・地域のGDPにおいても、⼤きな割合を占めています。 個⼈消費が活発化することで、企業の業績向上につながることが⾒込まれます。

個⼈消費の動きは、⼈⼝の影響を受けると考えられます。
⼈⼝が増えれば増えるほど、それだけ全体の消費⾦額は⼤きくなり、企業の業績向上につながることになるためです。
世界⼈⼝は2020年の78億⼈から、2100年には95%の確率で94億〜127億⼈に達すると予測されていることから、今後も世界的な経済成⻑は続くと⾒込まれます。



関連マーケットレポート