先週のマーケットの振り返り(2020/8/31-9/4)

2020年9月7日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
主要株式市場は、日本株を除き下落しました。米国株式市場は、2日まではS&P500とナスダック総合が史上最高値を更新するなど堅調な展開となりましたが、週後半に主力ハイテク株に対する高値警戒感が強まり、大幅に下落しました。NYダウは週間では1.82%下落しました。日本株式市場は、自民党総裁選への出馬が伝わった菅官房長官が優勢との見方が強まり、政局に対する不透明感が後退したことや、米著名投資会社の株式取得が明らかとなった商社大手5社が急伸したことなどから日経平均株価は1.41%上昇しました。欧州株式市場は、米国株の急落や軟調な経済指標などを受けてDAX指数は1.46%、FTSE100指数は2.76%下落しました。中国株式市場は、インドや米国との対立激化への警戒感などから、上海総合指数は1.42%、香港ハンセン指数は2.86%下落しました。

<リート>
グローバル・リートは欧米での株価下落などを嫌気して0.60%下落しました。

<債券>
米国の長期金利は、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の金融緩和に対する前向きなコメントや、米7月貿易赤字の拡大、同8月ISM非製造業指数などを受けて低下しましたが、雇用統計で失業率が改善したことなどから上昇し、小幅な低下に止まりました。日、独、英の長期金利も低下しました。

<為替>
円相場は菅官房長官の自民党総裁選出馬を受けて、アベノミクスが継承される可能性が高まったことなどを背景に、対ドルでは0.83%の円安となりました。対ユーロでは0.30%の円安となりました。

<商品>
原油価格は、需要回復の遅れへの警戒感などから、7.45%下落しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート