先週のマーケットの振り返り(2020/4/27-5/6)

2020年5月7日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

(日本の連休を受け、図表では「先週末」を5月6日としています。)

<株式>
米国株式市場は、米国で段階的に経済活動を再開させる動きやコロナ治療薬への期待が好感される一方、トランプ米大統領が新型コロナウイルスの感染拡大を巡り中国を批判したのを受け、米中対立の再燃が世界経済を下押しするとの懸念などが嫌気されました。NYダウは、0.47%下落しました。日本株式市場は、欧米での段階的に経済活動を再開させる動きや日銀が国債買い入れを一段と積極化する方針を決めたことなどが好感されました。日経平均株価は1.86%上昇しました。欧州株式市場では、段階的に経済活動を再開させる動きやコロナ治療薬への期待などが好感され、DAX指数は2.61%上昇、FTSE100指数は原油価格の上昇などが好感され1.77%上昇しました。中国株式市場は、全国人民代表大会(全人代)が5月22日に開催されることが決まったことや、政府による経済支援策などを好感して、上海総合指数は2.48%、香港ハンセン指数は1.28%上昇しました。

<リート>
グローバル・リートは欧州やアジア市場などの株価上昇を受け0.74%上昇しました。

<債券>
米国の10年国債利回りは、米国で経済活動の制限が緩和されるとの見方や国債発行が想定以上に膨らみ、需給悪化を懸念した売りも出て0.102%上昇しました。ドイツ、英国の長期金利は低下しました。

<為替>
円相場は、対ユーロではドイツ連邦憲法裁判所が5日、欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和策について一部違憲だと判断し、不透明感が高まったことなどから円は1.60%上昇しました。対米ドルでも上昇しました。

<商品>
原油価格は米国で経済活動が再開し始め、エネルギー需要が持ち直すとの期待などから、42.21%上昇しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート