トルコの金融政策(2017年1月)
貸出金利を引き上げ【デイリー】

2017年1月25日

【ポイント1】貸出金利を引き上げ

レポ金利と借入金利は据え置き

■トルコ中央銀行(以下、中銀)は24日に開催した今年最初の金融政策決定会合で、主要な政策金利のひとつの翌日物貸出金利を、市場予想通り8.50%から9.25%に引き上げました。

■ただし、1週間物レポ金利と翌日物借入金利はそれぞれ8.00%、7.25%で据え置かれました。市場ではレポ金利が0.50%、借入金利が0.25%引き
上げられるとの見方が大勢を占めていました。

【ポイント2】インフレ抑制が目的

景気に対しても配慮

■声明文では、内需の鈍化がインフレの抑制に寄与はしているものの、前回会合以降のトルコリラの急落に加え、食品価格の大幅な変動により、インフレ見通しの上振れリスクが高まったことが、利上げの理由として挙げられています。

■もっとも、1週間物レポ金利と翌日物借入金利は市場予想に反して据え置かれました。景気が減速するなかで、金融政策に対する政治的な圧力が強まっていることを窺わせるものです。

【今後の展開】トルコリラは当面下値模索の展開

■市場では、インフレを抑制し、通貨を安定させるためには、大幅な利上げに踏み切ることが必要との見方が支配的ですが、景気が減速していることから、中銀が利上げを継続して実施できるのか不透明といえます。

■また、トルコでは、大統領権限に関する憲法改正案の是非を問う国民投票が4月初旬に行われる見込みです。それを控えての利上げは難しいと考えられます。これらから、トルコリラは当面下値を模索する展開になりそうです。

関連マーケットレポート