トルコの金融政策(2016年11月)
2年10カ月ぶりの利上げ 【デイリー】

2016年11月25日

【ポイント1】政策金利引き上げ

2年10カ月ぶりの利上げ

■トルコ中央銀行(以下、中銀)は24日、主要な政策金利である1週間物レポ金利を7.50%から8.00%に、翌日物貸出金利を8.25%から8.50%に引き上げました。政策金利引き上げは2014年1月以来、2年10カ月ぶりです。

■中銀は、足元の為替レートの動きはインフレ見通しの悪化要因と指摘し、「インフレ期待や価格設定行動に与えるマイナスの影響を抑えるため、利上げを実施した」と説明しました。

【ポイント2】政府は利上げを容認

追加利上げの可能性

■これまでエルドアン大統領の政治的な圧力から利上げは難しいとの考え方が一般的でした。しかし、トルコ政府が先週緊急の経済調整会議を開いて金融市場動向について議論していることから、今回の利上げは政府との同意の下で行われたと見られます。

■政府関係者が中長期的な物価安定を以前よりも重視していると見られ、今後は必要に応じて金融引き締めを容認すると考えられます。このため次回の金融政策決定会合で追加利上げが行われる可能性があります。

【今後の展開】トルコリラは当面下値模索の展開

■米大統領選挙後、トランプ次期米大統領の政策方針への思惑から米長期金利が上昇し、ドルへの資金回帰に伴い新興国通貨を売る動きが広がるなか、トルコリラは対ドルで過去最安値をつけました。通貨安を防衛するため中銀は24日、利上げを実施しましたが、トルコリラは更に最安値を更新しました(24日NY引け値)。ドル高基調のなか、トルコリラは地政学リスクや対外債務の大きさなどが嫌気されており、反転、上昇にはしばらく時間がかかりそうです。

関連マーケットレポート