国内株式議決権行使の当面の方針および今後の方向性について

2021年5月6日

 三井住友DSアセットマネジメント株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:猿田隆、以下「当社」)は、新型コロナウイルス(COVID-19)が世界の社会、経済、企業活動に深刻な影響を与えていることを踏まえ、責任ある機関投資家として、個別企業の実態等を踏まえた議決権行使判断を引き続き行うことを決定しましたので、お知らせいたします。

 当社は2020年5月7日に公表した「コロナウイルスの影響を踏まえた当面の国内株式議決権行使の方針について」において、当面の間、国内株式の議決権行使にあたっては、個別企業の実態等を踏まえ、判断基準を弾力的に運用するとともに、状況に応じて株主総会の延期や2段階方式での開催等に柔軟に対応する方針を表明しました。
 かかる方針およびここまでの全般的な状況推移に鑑み、2021年5月以降に開催される株主総会については、コロナ禍が依然大きなダメージを与えている業種・企業が存在する一方で、既に成長軌道に回帰しつつある業種・企業も散見されることから、個別企業の実態等を踏まえた議決権行使判断を引き続き行うことといたします。
 また当社は、2050年までにカーボン・ニュートラルを目指す日本政府の方針および再改訂版コーポレートガバナンス・コードの趣旨等を踏まえ、企業自身のサステナビリティに関わる情報開示や、サステナビリティ課題に対するロードマップ策定と経営トップのコミットメント等を「建設的な対話」を通じて投資先企業に働きかけるとともに、将来的にはそれらの趣旨を議決権行使判断基準に反映させる方向性であることを表明します(一部の項目については、前倒しで適用します)。
 今後さらに、東京証券取引所の新市場区分の適用開始に際して、プライム市場上場企業に対しては一段高いガバナンス態勢を求めることも盛り込む方針です。これらの点を踏まえて議決権行使判断基準の詳細を今後策定し、将来の適切な時期に改めて開示します。

 具体的な国内株式議決権行使の当面の方針、および今後の方向性に関する考え方は以下のとおりです。

 なお、当社は従来から議決権行使対象企業との「建設的な対話」をベースに実態を踏まえた行使判断を行っており、今後とも行使対象企業との対話内容や、対象企業の開示内容等を踏まえた、ガバナンスの実効性等に基づく行使判断を行ってまいります。

■ご参考:責任投資について
https://www.smd-am.co.jp/corporate/responsible_investment/

【重要な注意事項】

■当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

【本件に関するお問い合わせ先】

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 営業企画部 広報チーム 
松嶋 Tel.03-6205-1539
   E-Mail.pr@smd-am.co.jp