【Vol.126】「貯蓄から投資へ」を実践するためには、どのような⽅法があるの︖

2021年7月29日

1つの⽅法として、使う予定のない預⾦や現⾦を「積⽴投資」にシフトするという⽅法があります。

積⽴投資は、少額から⼿軽に始めることができ、時間分散によってリスクを軽減できるため、投資未経験の⽅でも気軽に資産運⽤を始めることが可能です。


「積⽴投資」というと、毎⽉の収⼊で積⽴てをするものと考える⽅が意外にも多いようです。しかし、新規のお⾦を⽤意するだけではなく、使う予定のない預⾦や現⾦を少しずつ積⽴投資にシフトすることも可能です。「貯蓄から投資
へ」を「預⾦から積⽴投資」で実践してみましょう。

Q.どのくらいの期間、投資をすればよいの︖

A.投資の基本は⻑期投資です。⼀般的に、投資期間が⻑いほど、リターンの上下のブレが⼩さくなると⾔われています。


下図をみると、1年間積⽴投資をした場合よりも5年間、10年間と積⽴投資の期間が⻑くなるほどリターンのブレが⼩さくなっています。⼤切な資産の形成は、⻑期投資を前提に運⽤を⾏ってみてはいかがでしょうか。

関連マーケットレポート

なるほど!ザ・ファンド
なるほど!ザ・ファンド