【Vol.124】⾦利上昇は株価に悪影響があるの︖

2021年7月16日

⾦利上昇によって株価は短期的に調整することもありますが、景気拡⼤を背景とした⾦利上昇の場合、株価は中⻑期的に上昇する傾向があります。

景気が回復し、持続的な拡⼤が⾒込まれる環境下では、企業の⽣産活動は活発化します。その結果、資⾦調達ニーズが⾼まり、⾦利上昇につながります。また、企業業績向上への期待が⾼まるため、投資対象として債券よりも株式が選好され、株価上昇につながります。


このような景気拡⼤を背景とした⾦利上昇の場合、株価は短期的には調整することもありますが、中⻑期的には上昇する傾向があります。2008年以降の⾦利上昇局⾯においては、⽶国株式はいずれも上昇しました。

※上記は過去の実績であり、将来の投資成果や今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。

関連マーケットレポート