先週のマーケットの振り返り(2020/3/30-4/3)

2020年4月6日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
世界の株式市場は、新型コロナウイルス感染拡大と景気減速を示す経済データが続く中、欧州の銀行が配当支払いの停止を表明したこと等も嫌気され、下落しました。米国株式市場では、都市封鎖が長引くとともに、景気減速や雇用の悪化が続くとの懸念から下落しました。主要産油国間で減産協議の動きが始まったため、原油価格とエネルギー株は大きく上昇しましたが、部分的な動きにとどまりました。NYダウは、週間では2.7%下落しました。日本株式市場は、東京を中心に新型コロナウイルス感染者数が増加し、緊急事態宣言が出される可能性が高まったとの見方が広がり下落しました。日経平均株価の週間下落率は8.09%となりました。欧州株式市場では、各国の都市封鎖が延長されたことを嫌気して下落しました。DAX指数は1.11%、FTSE100指数は1.72%下落しました。中国株式市場では、上海総合指数は0.30%、香港ハンセン指数は1.06%下落しました。

<リート>
グローバル・リートは世界的な株価下落の影響を受けて8.37%下落しました。

<債券>
主要国の10年国債利回りは、比較的小動きとなりました。米国の10年国債利回りは週間で0.08%低下しました。日本、英国の10年国債利回りも低下しましたが、ドイツの長期金利は小幅上昇しました。

<為替>
円相場は対米ドルでは、ドルの上昇を受けて0.57%下落しました。対ユーロ、対豪ドルでは、それぞれの通貨が弱含んだため、上昇しました。

<商品>
原油価格は、サウジアラビアやロシアなどが減産協議を行うことが伝えられたため、31.75%急騰しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート