先週のマーケットの振り返り(2020/3/9-3/13)

2020年3月16日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
世界の株式市場は、欧州を中心に新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないことや原油価格の急落を受けて、全面安となりました。米国株式市場では、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスは世界的流行であるパンデミックだと認定したことや、米政府が欧州からの外国人の入国を禁止したことから、NYダウが12日に2,000ドルを超す過去最大の下げ幅を記録しました。ただし、週末の13日にはトランプ米大統領が国家非常事態を宣言し、様々な対策を発表したことで急反発して引けました。NYダウは週間では10.36%下落しました。日本株式市場は、日経平均株価が15.99%下落するなど急落しました。欧州株式市場では、イタリアなどでの新型コロナウイルスの感染拡大が嫌気され、DAX指数は20.01%、FTSE100指数は16.97%下落しました。中国株式市場では、上海総合指数は4.85%、香港ハンセン指数は8.08%下落しました。

<リート>
グローバル・リートは世界的な株価急落を受けて14.26%下落しました。

<債券>
マーケットの混乱を受けた投資家のポジション調整は国債市場にも波及し、主要国の債券が売られました。米国の10年国債利回りは、週間で0.198%上昇しました。日本、ドイツ、英国の10年国債利回りも上昇しました。

<為替>
円相場は対米ドルでは、米10年物国債利回りの上昇に伴う日米金利差が拡大したことなどを受けて、円売りが進んだため、2.12%下落しました。対ユーロは、0.34%下落しました。

<商品>
原油価格は、前週の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの減産協議決裂などを受けて23.13%下落しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート