米国の金融政策(2017年7月)
FRB保有資産の縮小を早期に開始へ 【デイリー】

2017年7月27日

【ポイント1】政策金利は据え置き

資産縮小は比較的早期に開始へ

■7月25日、26日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利(FFレート)の誘導レンジを1.00%~1.25%で据え置くことを、全会一致で決定しました。

■注目されていた米連邦準備制度理事会(FRB)の資産縮小については、開始の時期を従来の「年内」から「比較的早期」に変更しました。次回9月のFOMCで、資産縮小を決定することに関して合意が形成されたと考えられます。

【ポイント2】物価見通しを下方修正

経済見通しは据え置き

■声明文によれば、FOMCメンバーの経済見通しは、前回と同じく「労働市場は引き続き力強さを増し、経済は緩やかな成長を維持」でした。予測に対する短期的なリスクも、同様に「上振れと下振れで概ね均衡」でした。

■物価についての評価は、小幅に下方修正されました。すなわち、前回声明文の「物価上昇率は、(FRBの目標である)+2%を幾分か下回っている」から、「幾分か」が削除されました。

【今後の展開】緩やかなペースで金融緩和の解除を進める見通し

■26日の米国市場は、ダウ平均株価が上昇、債券利回りは低下(債券価格は上昇)、米ドルは主要通貨に対して下落しました。市場では、FOMCが物価見通しを下方修正したことで、利上げ速度は緩慢なものになるとの見方が強まったもようです。

■FRBの資産縮小は、当初の想定よりも早く実施される見通しです。もっとも、物価の落ち着きや、金融市場に及ぼす影響などを考慮すると、金融緩和の解除を急ぐ必要はないと判断されます。FRBは、緩やかな速度で、緩和の解除を進める見通しです。

関連マーケットレポート