インドの経済と為替動向
好調な経済を背景に、インドルピーは堅調推移 【デイリー】

2017年7月26日

【ポイント1】 17年に入りインドルピーは堅調

足元は15年8月以来の高水準

■17年に入り、通貨インドルピーはインドの株式市場と共に上昇しました。2月には米金利上昇観測の後退から底入れしました。更に、3月のインド地方選挙でモディ首相の与党、インド人民党(BJP)が圧勝し、経済改革の期待が高まったことで、海外投資家からの資金が流入したことが背景です。

■足元のインドルピーは米ドルに対し、15年8月以来の高値水準で推移しています。

【ポイント2】消費者物価は過去最低水準

金融政策は当面据え置きか

■インドの17年6月の消費者物価指数は前年同月比+1.5%と、過去最低水準となりました。約4割のウェイトを占める食品のデフレが強まったことが主因です。

■足元のインフレがインド準備銀行(中央銀行、以下RBI)の物価目標(+4%)を大きく下回っているため、市場では利下げ観測が台頭しています。

■しかし、7月以降は食品価格などが前年比でインフレを押し上げる方向に転じる見込みであり、RBIは中長期の物価見通しを重視する姿勢を示していることから、当面金融政策を据え置くと見られます。

【今後の展開】好調な経済を背景に、インドルピーは堅調推移

■国際通貨基金(IMF)によれば、インドの経済見通しは17年が+7.2%、18年が+7.7%と、高成長が予想されています。今年7月には長年の課題であった物品・サービス税(GST)が導入されました。税体系・制度の簡素化による経済の効率化や課税ベース拡大を通じた税収増が見込まれ、経済にプラスの影響が期待されます。好調な経済に加え、RBIが金融環境を適切に調整することにより、今後もインドルピーは堅調を維持しそうです。

関連マーケットレポート