FRBは量的緩和ガイダンス強化で景気をサポート
資産買い入れに関するフォワードガイダンスを強化

2020年12月17日

【ポイント1】資産買い入れガイダンスを強化

■米連邦準備制度理事会(FRB)は12月15日、16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標レンジ(0.00~0.25%)の据え置きと、国債買い入れなどの量的緩和政策の維持を決めました。

■FRBは量的緩和の規模拡充を見送りましたが、資産買い入れに関するフォワードガイダンスを強化しました。資産買い入れの期間について、従来は「今後数カ月にわたって」としていましたが、今回「雇⽤の最大化と物価安定に向けて⼀段と顕著な進展があるまで」とし、量的緩和の維持に対して強い意志を表明しました。

【ポイント2】経済見通しは概ね上方修正

■FOMC参加者の経済・金利見通しでは、GDP、雇用、物価上昇率ともに前回(9月)見通しから概ね上方修正されました。足元、新型コロナの感染再拡大が懸念されていますが、成長率見通しが上方修正され、それに伴い失業率見通しも改善方向に修正されました。物価上昇率見通しも上方修正されましたが、若干の修正に留まり、2023年見通しは2.0%で据え置かれました。

■一方、FOMC参加者による政策金利見通し(ドットチャート)では、前回とほぼ変わらず、23年末までほとんどの参加者がゼロ金利維持としました。

【今後の展開】量的緩和維持の姿勢は相場をサポート

■16日の米国株式市場は小幅ながらまちまちの動きとなりました。ダウ工業株30種平均は前日比45ドル安の30,155ドルで引けましたが、S&P500種株価指数とナスダック総合指数は若干上昇しました。

■今回強化された資産買い入れに関するフォワードガイダンスは、11月会合で示唆されたものでしたが、FRBが量的緩和を当面維持する姿勢を示したことは、米国景気及び金融市場のサポート要因になると考えます。

関連マーケットレポート