『街角景気』は6カ月連続改善し14年以来の水準

2020年11月11日

<今日のキーワード>
「景気ウォッチャー調査」、いわゆる『街角景気』とは、景気に敏感なタクシー運転手や小売店、メーカー、輸送業、広告代理店など、地域の景気の動きを敏感に観察できる立場にある約2,000人を対象とした調査です。10月の『街角景気』は、現状判断指数(DI)が6カ月連続で改善し、水準は2014年1月以来の高さになり、景況感の回復が一段と明確になりました。先行き判断指数(DI)は3カ月連続で改善しました。

【ポイント1】現状判断DIは6カ月連続改善し14年以来の水準

先行き判断DIも3カ月連続改善

■10月の『街角景気』によると、現状判断DI(季節調整値)はGo To トラベルで東京発着も対象になった影響などから、前月比5.2ポイント上昇し54.5と6カ月連続で改善し、水準は14年1月以来の高さになりました。項目別では家計動向関連、企業動向関連、雇用関連の全てが改善しましたが、家計動向関連では小売、飲食の改善が目立ちました。

■先行き判断DIも、前月比0.8ポイント上昇し、49.1となりました。家計、企業、雇用のいずれもが改善しましたが、新型コロナに対する不透明感などから、いずれも小幅な改善にとどまりました。

【ポイント2】ポジティブな単語が上回る

旅行関連への期待が高い

■街角の声をより客観的に分析する、当社独自のテキストマイニングによる分析手法(*)によると、ウォッチャーの現状判断に関するコメントにおける単語の使用数は、ポジティブな単語の使用比率がネガティブな単語を2カ月連続で上回りました。「キャンペーン」(Go Toキャンペーン)が大幅に増加しており、景況感への影響の高さをうかがわせます。

■先行き判断では、ポジティブな単語の使用比率がネガティブな単語を6カ月連続で上回り、現状判断と同様に「キャンペーン」が一段と増加しました。新型コロナに関する用語の使用数はさほど減少しませんでした。

(*)テキスト(文書)をコンピュータで探索する技術の総称。典型的な例として、テキストにおける単語の使用頻度を測定し、テキストの特徴を統計的に分析・可視化することで、背後にある有益な情報を探ることができます。

【今後の展開】現状は大幅に改善するも、先行きには慎重さも残る

■内閣府は『街角景気』の基調判断を「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、着実に持ち直している」と先月の「持ち直している」から変更しました。先行きについては「感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しが続くとみている」と変更はありませんでした。『街角景気』の現状判断は大幅に改善してきましたが、新型コロナの感染が再度拡大の方向にあり、先行きについてはやや慎重な様子もうかがえます。

関連マーケットレポート

日々のマーケットレポート
日々のマーケットレポート