プログラム売買(ぷろぐらむばいばい)

解説

関連カテゴリ: 株式 経済

コンピューターを使って、一定のルールで株式やデリバティブを自動的に売買するシステムのこと。ただ、株価の下落局面では、リスク回避のためのヘッジ売りが一斉に出て、売りが売りを呼ぶ、連鎖的な大暴落に至る危険性が指摘されています。1987年のブラックマンデーは、このプログラム売買が下げを加速させたといわれています。

情報提供:株式会社時事通信社