「第5回日経Smart Work経営調査」において
3.5星に認定されました

2021年11月12日

三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:猿田 隆)は、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する第5回日経Smart Work経営調査において、3年連続3.5星に認定されました。


本調査は、2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現(人材活用力)、新規事業などを生み出す体制(イノベーション力)、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、企業統治など経営基盤も加え、星5段階で評価されます。


当社は、“Quality of Lifeに貢献する最高の資産運用会社”としてお客さまに最高品質の運用パフォーマンスを提供することを目指し、そのために、社員一人ひとりが能力を最大限発揮し、自分らしく生き生きと働ける職場づくりを行うことを経営理念に掲げています。本調査においては、特に人材活用力が高く評価され3.5星を取得することができました。

今後は、人材活用力の一層の向上を図るとともに、イノベーションにより新たな市場の開拓に取り組み、お客さまのQuality of Lifeの向上、さらには活力あふれるサステナブルな社会の実現に貢献してまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
経営企画部 サステナビリティ推進室 丸山(Tel:03-6205-1908)、川瀬(Tel:03-6205-1902)

【三井住友DSアセットマネジメントについて】

三井住友DSアセットマネジメントは、三井住友アセットマネジメント、大和住銀投信投資顧問が合併し、2019年4月1日に発足した資産運用会社です。国内外の機関投資家から個人投資家に至る多様なお客さまニーズに対して、業界トップレベルの運用調査体制とグローバルなネットワークを活用した質の高い資産運用サービスを提供することを通じ、全てのステークホルダーのQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。