「サステナビリティ・レポート2020」発行のお知らせ
―未来にわたるサステナブルな社会の実現に貢献します―

2020年11月2日

三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長兼CEO 猿田 隆)は、このたび、当社のサステナビリティの取り組みを纏めた冊子「サステナビリティ・レポート2020」を発行したことをお知らせします。
 

当社は、本年8月に従来の「フィデューシャリー・デューティー宣言」にESGを含むサステナビリティの要素を加え、「FD・サステナビリティ原則」を制定しました。同原則は、当社の経営理念に沿った活動の基本方針として、資産運用会社としての責務である原則1および2、一企業市民としての責務である原則3および4により構成されています。このたび発行するサステナビリティ・レポートにおいても、当社のスチュワードシップ活動やESG投資を主な内容としつつ、ガバナンスや働き方改革等の職場づくり、金融教育等の社会貢献活動や環境への取り組みなど、当社自身のサステナビリティに関する取り組みについても幅広くお伝えする内容にしました。

当社は、未来にわたるサステナブルな社会の実現に貢献するとともに、当社の経営ビジョン「Quality of Lifeに貢献する最高の資産運用会社」の実現を目指してまいります。

  【本件に関するお問い合わせ先】

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
経営企画部 コミュニケーション推進室 丸山 (Tel.03-6205-1908)

【三井住友DSアセットマネジメントについて】

三井住友DSアセットマネジメントは、三井住友アセットマネジメント、大和住銀投信投資顧問が合併し、2019年4月1日に発足した資産運用会社です。国内外の機関投資家から個人投資家に至る多様なお客さまニーズに対して、業界トップレベルの運用調査体制とグローバルなネットワークを活用した質の高い資産運用サービスを提供することを通じ、全てのステークホルダーのQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。