『UCDAアワード2017』「三井住友・中小型株ファンド」交付目論見書 受賞のお知らせ

2017年10月6日

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長兼CEO:松下隆史、以下「当社」)は、一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会主催「UCDAアワード2017」の「投資信託分野 交付目論見書」において、当社ファンド「三井住友・中小型株ファンド」の交付目論見書が、最優秀賞にあたる「UCDAアワード2017」を受賞したことをお知らせいたします。

当社は2015年8月、業界に先駆けてフィデューシャリー・デューティー宣言を行い、その中のアクションプランの一つとして、ユニバーサルデザインによるわかりやすい目論見書、運用報告書の作成に取り組んでまいりました。

具体的には、多様な色覚を持つ方にも見やすい色使いとするとともに、ユニバーサルデザインフォントを使用し、行間やレイアウトにも配慮して、多くの方に情報がわかりやすく伝わることを心がけて作成しております。

さらに、今回受賞した「三井住友・中小型株ファンド」の交付目論見書では、ファンドの運用プロセスをわかりやすくお伝えするため、ピクトグラム(絵文字)を使いながら運用プロセスの各段階を詳しく解説するとともに、ファンドマネージャーのメッセージを掲載いたしました。

当社では、今回の受賞を励みに、今後も資産形成を必要とする方々のお役にたてるよう、さまざまな取り組みを行ってまいります。

「UCDAアワード」とは

「UCDAアワード」は、一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会が主催し、企業(団体)・行政が生活者に発信するさまざまな情報媒体を、産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して「第三者」が客観的に評価し、優れたコミュニケーションデザインを表彰するものです。最優秀賞にあたる「UCDAアワード2017」は、生活者と専門家による評価が高いことを基準として選出される賞です。

重要な注意事項
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
■当資料に評価機関等の評価が掲載されている場合、当該評価は過去の⼀定期間の実績を分析したものであり、将来の運⽤成果等を⽰唆あるいは保証するものではありません。

本件に関するお問い合わせ先

三井住友アセットマネジメント株式会社 営業企画部
青沼 Tel.03-5405-0521/松嶋 Tel.03-5405-0791