組織改編および人事異動について

2015年2月26日

 三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 横山邦男)は、下記の通り、組織改編および役職員の人事異動を行うこととしましたので、お知らせいたします。

 新しい組織体制につきましては、新組織機構図をご参照ください。

1.組織改編(2015年4月1日付)

(1)グローバル展開への対応

①海外投資家向けの営業力強化を図り、当社の事業をグローバルに展開するための組織として、国際部を新設いたします。

②現行の国際営業部の機能、企画部が所管している海外拠点管理機能、上海事務所を国際部に移管いたします。

(2)投信直販事業への対応

 ①投信直販事業を担当する営業フロント組織として、営業企画部内に設置しているオンラインマーケティング室を独立させ、オンラインマーケティング部に格上げいたします。

 ②内部統制強化の観点から、直販営業と管理業務の機能を分けるために、同部内に直販管理課を新設いたします。

(3)投信営業機能の強化

 ①顧客が真に求める商品やサービスの提供(=マーケティング)との意味を込めて、投信営業各部を投信マーケティング各部に名称変更いたします。

 ②三井住友銀行およびSMBC日興証券が推進する銀証一体運営に機動的に対応するために、両社に対する投信営業機能を投信マーケティング第二部に統合いたします。

 ③営業支援機能をより強化するため、販売員研修、投資家向けセミナー、投資啓蒙プログラム・コンテンツの企画・作成を専担する組織として、資産運用サポート室を資産運用サポート部に格上げいたします。

 ④DC制度の変更やジュニアNISA開始を見据え、営業企画部内に両分野を専担するDC・NISA推進課を新設いたします。DC対応機能は、運用コンサルティング部から移管いたします。

(4)社会インフラ投資等への対応

 社会インフラ投資等新たなオルタナティブ投資の運用部署としての位置づけを明確にするため、プライベートエクイティ運用グループをオルタナティブ投資グループに名称変更いたします。

(5)機能の明確化、組織運営の強化および効率化

 機能の明確化および組織運営の効率化の観点から、また、ガバナンスの強化を図るため、資産管理部、事務システム戦略部、企画部に課を新設いたします。

 ①資産管理部内に、投資信託業務を所管する投信計理課、投資顧問業務を所管する投資顧問管理課を新設いたします。

 ②事務システム戦略部内に、情報機器およびシステムの企画開発業務等を所管するシステム企画開発課、事務企画業務を所管する事務企画課を新設いたします。

 ③企画部内に、経営企画業務を所管する企画課、会社決算・経理業務を所管する経理課を新設いたします。会社決算・経理機能は、総務人事部総務課から移管いたします。

(6)組織機構図の表示の変更

 ①執行部門に対する経営サイドからの監査を行うという内部監査部の役割を明確にするため、取締役会直下へと位置づけを変更いたします。

 ②部門表記を削除いたします。

新組織機構図 2015年4月1日付

旧組織機構図

2.役職員の人事異動(2015年4月1日付)

 下記の通り役職員の人事異動を行いますので、お知らせいたします。

<表1>人事異動(2015年4月1日付)

<表2>人事異動後の新体制(2015年4月1日付)

本件に関するお問い合わせ先

三井住友アセットマネジメント株式会社 企画部
伴野 tel.03-5405-0725
川瀬 tel.03-5405-0341