2016年7~9月期法人企業統計・設備投資などについて

2016年12月1日

―設備投資(除くソフトウェア)前期比+0.4%、前年同期比▲1.4%―
―7~9月期GDP第2次QEで設備投資下方修正・在庫投資上方修正か―
―営業利益・前期比▲1.1%にとどまり、景気判断「改善」に上方修正へ―

●16年7~9月期の法人企業統計調査の全産業(金融業・保険業を除くベース)の設備投資(ソフトウェア投資額を除くベース)の前年同期比は▲1.4%と4~6月期の前年同期比+3.1%からは4.5ポイント鈍化し、14四半期ぶりの減少となった。前期比は+0.4%で4四半期ぶりの増加になった。また、ソフトウェア投資額を含むベースでは7~9月期の全産業の前年同期比は▲1.3%だった。4~6月期の前年同期比+3.1%から4.4ポイント鈍化した。

●資本金1000万円以上1億円未満の中小企業の前年同期比は▲10.9%で、4~6月期の前年同期比▲2.6%からは8.3ポイント悪化した。資本金1億円以上10億円未満の前年同期比は+12.3%で、4~6月期の前年同期比+8.4%から3.9ポイント改善した。一方、資本金10億円以上の大企業では前年同期比は▲0.4%と、4~6月期の前年同期比+4.5%増加からは4.9ポイント悪化し減少に転じた。

●供給サイドのデータに基づいて算出した16年4~6月期GDP第1次速報値では、名目設備投資の前年同期比は▲0.5%で、1~3月期の+0.1%の増加から0.6ポイント鈍化し、減少に転じている。名目の前期比(季節調整済み)は▲0.6%と2四半期連続の減少である。

●7~9月期GDP第1次速報値で、供給サイドのデータに基づいて算出した、名目設備投資の供給側推計値の名目原系列前期比は▲1.2%で、需要側推計値(仮置き値)の名目原系列前期比は+14.3%であると公表されている。7~9月期の法人企業統計調査の全産業(金融業・保険業を除くベース)の設備投資(ソフトウェア投資額を除くベース)の名目原系列前期比は単純に計算すると、3.4ポイント小さい+10.9%である。

●その他のデータをみると、個人企業の設備投資は業種により動きはまちまちだが総じてみて上方修正要因になりそうだ。また、9月確報分が反映されるソフトウェア開発・プログラム作成は僅かだが上方修正要因になりそうだ。

●法人企業統計での断層補正の影響をみると、4~6月期から7~9月期への設備投資の前年同期比の減少幅は、実際よりもかなり小幅になるとみられる。

●以上、総合的に判断して、第2次速報値での名目ベースの設備投資の前期比は第1次速報値の▲0.4%から▲1.1%程度へ、実質ベースの設備投資の前期比は第1次速報値の0.0%から▲0.7%程度へとマイナス幅が拡大すると一応、予測する。


(在庫投資)

●法人企業統計の仕掛品在庫をみると16年7~9月期は6645億円で15年7~9月期の2628億円から4017億円の増加となった。原材料在庫は16年7~9月期は▲1573億円で15年7~9月期の4081億円から2508億円の増加となった。合わせて6525億円、前年同期に比べ増加した。

●一方、16年7~9月期GDP第1次速報値の名目在庫投資・原数値は3627億円で15年7~9月期の6297億円より▲2670億円の減少であった。16年7~9月期GDP第1次速報値では在庫投資・名目原数値・前年同期比寄与度は▲0.2%であった。この内訳に関しては、雰囲気しか教えてもらえないが、原材料在庫と流通在庫と仕掛品在庫が前年同期比マイナス寄与だった模様だ。また製品在庫がプラス寄与だった模様だ。今回の法人企業統計からみると、原材料在庫と仕掛品在庫は上方修正要因になる可能性が大きいとみられる。

●16年7~9月期GDP第1次速報値段階で民間在庫投資の実質・前期比寄与度は▲0.1%だった。民間在庫投資の内訳をみると、製品在庫が前期比寄与度+0.1%、仮置き値の原材料在庫は前期比寄与度▲0.1%、同じく仮置き値の仕掛品在庫は▲0.1%、残る流通在庫は前期比寄与度▲0.1%だった。第2次速報値段階で原材料在庫・仕掛品在庫は上方修正され、実質在庫投資の前期比寄与度は0.0%程度になるとみた。


(16年7~9月期GDP・第2次速報値)

●16年7~9月期GDP第2次速報値では、設備投資は前期比▲0.7%程度と第1次速報値の同0.0%からマイナスになるとみた。また、法人企業統計により在庫投資は上方修正され前期比寄与度は0.0%程度になるとみた。また、公共工事出来高の前年同月比は7月分▲4.6%、8月分▲5.7%だったが、9月分の伸び率は▲1.5%と小幅の減少率だった。このことからみて第2次速報値での公共投資の前期比は第1次速報値の▲0.7%から+0.2%程度に上方修正されるとみた。

●総合的に判断すると16年7~9月期GDP第2次速報値は前期比+0.5%程度、前期比年率+2.2%程度と予測する。季節調整替えの影響などもあるので微妙ではあるが第1次速報値と同程度の伸び率になると予測する。なお、今回は通常の基準改定に加え2008SNAへの変更も行われるのでGDP第2次速報値の事前の予測は極めて難しい状況だ。


(営業利益)

●16年7~9月期の法人企業統計調査の全産業(金融業・保険業を除くベース)の営業利益・季節調整値は前期比▲1.1%で、3四半期連続の減少になったものの比較的小幅の減少率になった。10月分の景気動向指数一致CIの前月差は、残る12月1日午後発表の中小企業出荷指数が考えられる範囲のどんな数字でも2カ月連続の上昇になると予測される。そして7~9月期の営業利益からみて、8・9・10月分で3カ月連続して一致CIの3カ月後方移動平均が上昇するとみられる。

●一致CIを使った景気の基調判断は9月分まで17カ月連続景気拡張の動きが足踏み状態になっている可能性が高いことを示す「足踏み」だったが、12月7日発表の10月分でようやく基調判断が景気拡張の可能性が高いことを示す「改善」に戻ることになるとみる。