15年10~12月期実質GDP(第2次速報値)について

2016年3月8日

●10〜12⽉期の実質GDP・第2次速報値は、前期⽐▲0.3%、前期⽐年率▲1.1%と、第1次速報値の前期⽐▲0.4%、前期⽐年率▲1.4%から上⽅修正された。⼩幅な変化なのでマーケットに及ぼす影響は軽微であろう。

●また、15暦年の実質GDPは前年⽐+0.4%から+0.5%へと上⽅修正された。

●10〜12⽉期の実質GDP・第2次速報値の前期⽐をみると、設備投資、⺠間在庫投資、政府最終消費、輸出が上⽅修正された。住宅投資、公的在庫投資、輸⼊は第1次速報値と変わらず、個⼈消費、公共投資が下⽅修正された。

●また、名⽬GDP・第2次速報値は、前期⽐▲0.2%、前期⽐年率▲0.9%と、第1次速報値の前期⽐▲0.3%、前期⽐年率▲1.2%から上⽅修正となった。

●10〜12⽉期の法⼈企業統計の発表を受けて設備投資は第2次速報値では前期⽐+1.5%と第1次速報値の+1.4%から0.1ポイントの上⽅修正となった。

●実質⺠間在庫投資の前期⽐寄与度は▲0.0%と、第1次速報値の同▲0.1%から0.1ポイントの上⽅修正となった。前期⽐寄与度の内訳をみると、製品在庫は▲0.0%で第1次速報値と同じだった。流通在庫は0.0%で第1次速報値と同じだった。仕掛品在庫は+0.1%で第1次速報値(仮置き値)の0.0%から上⽅修正、原材料在庫は▲0.1%で第1次速報値(仮置き値)の▲0.2%から上⽅修正された。

●10〜12⽉期の実質個⼈消費・第2次速報値は、前期⽐▲0.9%(▲0.86%)と、第1次速報値の前期⽐▲0.8%から下⽅修正された。

●10〜12⽉期のGDP第1次速報値では在庫投資・名⽬原数値・前年同期⽐寄与度は+0.4%であった。今回第2次速報値では+0.6%に上⽅修正された。この内訳に関しては、流通在庫と仕掛品在庫が前年同期⽐プラス寄与だった模様だ。プラス寄与度は流通在庫、仕掛品在庫、ほぼ半々といった感じのようだ。残りの原材料在庫と製品在庫の前年同期⽐寄与度はほぼゼロに近かったようだ。

●次の1〜3⽉期の統計は、まだ主に1⽉分のデータだけしか発表されていないが、3⽉7⽇発表のESPフォーキャスト調査の総平均では、前期⽐年率+0.81%とプラス成⻑の⾒通しである。主に海外要因による年初のマーケットの混乱もあり、もたついた動きになりそうだ。

●ARIMAモデルにより内閣府が現時点での情報を使って算出・公表した、1〜3⽉期の原材料在庫の季調済実質値前期差は▲1,990億円、仕掛品在庫の季調済実質値前期差は▲3,457億円である。

●15年度実質GDP成⻑率の政府⾒通し実績⾒込みは+1.2%だが、達成には1〜3⽉期の前期⽐が+1.87%(前期⽐年率+7.7%)となることが必要で厳しい状況だ。