先週のマーケットの振り返り(2020/6/22-6/26)

2020年6月29日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
米国株式市場は、週前半は主力ハイテク株がけん引して堅調に推移しましたが、後半はフロリダ、カリフォルニア、テキサス州などで新型コロナ感染者数の増加が続き、感染第2波への警戒感が高まり下落しました。NYダウは週間では3.31%下落しました。日本株式市場は、海外での新型コロナウイルスの感染者数増加への警戒などから様子見の強い展開となりましたが、積極的に下値を売る投資家も少なく、日経平均株価はほぼ横ばいの動きとなりました。欧州株式市場は、新型コロナの感染再拡大や、米欧の貿易摩擦激化への懸念などからDAX指数は1.96%、FTSE100は2.12%下落しました。中国株式市場は、新型コロナウイルスの感染第2波への警戒感は残りましたが、中国政府による景気刺激策への期待などが下支え要因となり、もみ合いの展開となりました。上海総合指数は0.40%上昇、香港ハンセン指数は0.38%下落しました。

<リート>
グローバル・リートは新型コロナの感染第2波への警戒感などから2.67%下落しました。

<債券>
米国の10年国債利回りは、コロナ感染拡大を嫌気して米国株式市場が下落し、リスク回避姿勢が強まり、0.052%低下しました。ドイツ、英国の長期金利も低下しました。

<為替>
円相場は円安方向に動きました。対ユーロでは、ユーロ圏6月マークイットPMI製造業・サービス業・総合指数が予想を上回ったことなどを受け0.69%下落しました。対米ドルでも0.33%下落しました。

<商品>
原油価格は、米国などで新型コロナウイルスの感染拡大などを嫌気して3.17%下落しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート