先週のマーケットの振り返り(2020/6/1-6/5)

2020年6月8日

1. 先週の市場動向

先週の市場の振り返り

<株式>
主要国の株式市場は、中国や先進国の経済活動再開の動きや経済指標の改善などを背景に大幅に上昇しました。米国株式市場は、全米で経済活動が段階的に再開するなか5日発表の5月雇用統計は、非農業部門雇用者数、失業率とも事前予想を大幅に上回る改善となり景気回復期待が高まりました。NYダウは6.81%上昇しました。日本株式市場は、米国株高や円安進行が支援材料となり、日経平均株価は4.51%上昇しました。欧州株式市場は、米中などの経済指標の改善やドイツの追加経済対策への期待などから、DAX指数は10.88%、FTSE100は6.71%上昇しました。中国株式市場は、トランプ米大統領が中国との貿易合意の破棄や制裁関税に言及せず、香港への優遇措置の見直しも想定内だったことから米中対立への警戒感が後退したことや、PMIの改善で景気回復期待が高まったことなどから、上海総合指数は2.75%,香港ハンセン指数は7.88%上昇しました。

<リート>
グローバル・リートは欧米の株式市場の上昇などを好感して9.70%上昇しました。

<債券>
米国の10年国債利回りは、米5月雇用統計などの経済指標が改善し景気回復期待が一段と高まったことなどから0.243%上昇しました。日本、ドイツ、英国の長期金利も上昇しました。

<為替>
円相場は円安方向に動きました。対ユーロでは、欧州中央銀行(ECB)理事会で、追加金融緩和を決めたなどを受けて3.29%下落しました。対ドルでも雇用統計など米国の経済指標の改善を受けて円は1.63%下落しました。

<商品>
原油価格は経済活動の再開に伴うエネルギー需要の回復期待などから、11.44%上昇しました。

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。 

関連マーケットレポート