2020年の米大統領選はまれにみる大接戦に

2020年11月5日

●日本時間11月5日午前7時時点でまだ勝者は確定しておらず、激戦州中心に6州で集計が続く。
●トランプ氏は予想通り一方的に勝利を宣言し法廷闘争も示唆、下院は引き続き民主党が優勢に。
●上院は共和党が多数議席の可能性、市場はいいとこどりの反応だが、集計結果の見極めが必要。

日本時間11月5日午前7時時点でまだ勝者は確定しておらず、激戦州中心に6州で集計が続く

米大統領選は11月3日に投開票が行われましたが、大方の予想に反し、まれにみる大接戦となりました。報道によると、日本時間の11月5日午前7時時点における選挙人の獲得数は、民主党のバイデン候補が253人、共和党のトランプ候補が214人となっています(図表1)。選挙人の総数は538人で、このうち過半数の270人以上を獲得した候補が当選となるため、まだ勝者は確定していません。

引き続き集計が行われているのは、東部のペンシルベニア州(選挙人の数は20人、以下数字のみ)、南部のジョージア州(16)とノースカロライナ州(15)、南西部のアリゾナ州(11)とネバダ州(6)、アラスカ州(3)の6州です。アラスカ州を除く5州は、今回の選挙戦で激戦州とされており、このうちペンシルベニア州とネバダ州は、民主・共和両党の間で支持が揺れる、いわゆる「スイングステート」です。

トランプ氏は予想通り一方的に勝利を宣言し法廷闘争も示唆、下院は引き続き民主党が優勢に

この先、残り6州の開票が進んで行くことになりますが、バイデン氏、トランプ氏、いずれの候補も勝者となる可能性は残っています。ペンシルベニア州は、トランプ氏優勢の模様ですが、郵便投票の集計が加わることで、バイデン氏がどの程度、追い上げることができるか注目されます。なお、トランプ氏は予想通り、一方的な勝利宣言を行って集計の中止を求め、法廷闘争も示唆しています。

一方、議会選挙に目を向けると、今回、下院は定数435議席のうち全議席が、上院は定数100議席のうち約3分の1の35議席が改選されます。下院の過半数は218議席ですが、日本時間の11月5日午前7時時点で、民主党が203議席(改選前232議席)、共和党が188議席(同197議席)となっており、下院では引き続き、民主党が多数議席を占めるとの見方が優勢です。

上院は共和党が多数議席の可能性、市場はいいとこどりの反応だが、集計結果の見極めが必要

上院の過半数は51議席ですが、日本時間の11月5日午前7時時点で、民主党が47議席(改選前47議席、民主系無所属2議席を含む)、共和党が48議席(同53議席)となっています。まだ結果が確定していない南部のジョージア州とノースカロライナ州では、共和党が優勢との見方が多いように思われます。そのため、上院も引き続き、共和党が多数議席を占める可能性がやや高まっています。

ここまでの金融市場の反応は、おおむね「株高」、「債券高(利回り低下)」、「米ドルと日本円の下落」となっています(図表2)。民主党バイデン氏圧勝のシナリオが後退したことで、増税と過度な財政支出拡大への懸念が和らぎ、株高と債券利回り低下につながったと思われます。為替はこれらの動きを受け、リスクオン(選好)で反応したとみています。ただ、選挙結果はまだ確定していないため、集計結果を慎重に見極める必要があると考えます。