史上最高値を更新した米国株式市場
米税制改革法案成立後は再び業績に注目【デイリー】

2017年12月12日

【ポイント1】史上最高値を更新

大型株は総じて堅調

■米国株式市場は、12月に入ってからも堅調に推移しています。NYダウ工業株30種や大型株指数であるS&P500種、ラッセル1000は12月11日に史上最高値を更新しました。

■一方、小型株指数(ラッセル2000)や中小型株指数(ラッセル2500)も11月30日に史上最高値を更新しました。

【ポイント2】中小型・大型株の業績は堅調

小型株の業績見通しも好転

■米国株式市場を支えている企業業績は依然として好調です。11月上旬には、小型株の業績見通しが一時下振れました。これは米税制改革法案に対する期待の低下などが要因でした。その後、米税制改革法案は11月16日に下院本会議を通過し、12月2日には上院本会議を通過したことで、法案成立の可能性が高まり、小型株の予想利益も上方修正されました。

【今後の展開】米税制改革法案成立後は再び金融政策や業績に注目

■上下院は両院協議会で法案のすり合わせを行い、上下院で採決を行う見通しです。これにより、18日の週にも税制改革法案が成立する可能性が高まっています。

■焦点は、法人税率の引き下げを開始するタイミングや法人税率などです。どのような内容となるかが注目されますが、税制改革法案が成立すれば、マーケットの注目点は、再び金融政策や業績見通しに立ち返ると思われます。

■12月12日から13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、今年3回目となる利上げが予想されています。同時に経済見通しも発表され、FOMCメンバーが利上げの時期やスピードをどのように見ているかが注目されます。

■年が明ければ、2017年10-12月期の業績発表となります。世界経済の回復と情報技術セクターがけん引する業績見通しに対して、確信度の高まりを見極める展開となりそうです。

関連マーケットレポート