米国のGDP成長率(2016年7-9月期速報値)
輸出と在庫投資をけん引役に2年振りの高い成長を達成【デイリー】

2016年10月31日

【ポイント1】成長率は加速

純輸出と在庫投資の寄与が大きい

■米商務省が10月28日に公表した2016年7-9月期の実質GDP成長率(速報値)は、前期比年率+2.9%でした。市場予想の+2.6%を上回り、14年7-9月期の+5.0%以来の高い伸びとなりました。

【ポイント2】個人消費は底堅く推移

設備投資は低調

■需要項目別に見ると、個人消費は前期比年率+2.1%と底堅く推移しています。設備投資は同+1.2%と、低い水準に止まりました。

■在庫投資、純輸出の実質GDP成長率に対する寄与度は、それぞれ+0.6%、+0.8%でした。在庫投資は在庫調整の一巡、純輸出は天候不順が続いた南米向け農産物輸出の急増によるものです。

■在庫投資と純輸出の大幅増は一過性の面も強く、7-9月期の成長率加速は景気が過熱に向かう予兆ではないと考えられます。インフレも低い水準に止まっていますが、政策面での不透明感が強いトランプ候補が大統領選挙で勝利することがなければ、12月に利上げが実施される可能性は高いと見られます。

【今後の展開】株価は、物価安定の下での緩やかな景気拡大を織り込む展開へ

■米国では、このところ長期金利が上昇してきています。米利上げが近づいてきているとの見方が強まっていることが一因です。ただし、物価の落ち着きを踏まえると、利上げのペースは極めて緩慢なものになると考えられます。米長期金利の上昇も大幅なものとはならないと見られます。

■7-9月期の実質GDP成長率が加速したにもかかわらず、クリントン大統領候補の私用メール問題が再燃した影響等により、28日の米株は下落しました。しかし、今後は依然として緩和的な金融環境の下で、景気・企業収益の拡大を織り込む展開になると考えられます。

関連マーケットレポート