日本株式市場の見通し
不透明感が高まる中でも相対的に堅調な小型株【デイリー】

2017年9月12日

【ポイント1】8月以降先行き不透明感高まる

日経平均株価は1万9,500円前後

■日経平均株価は8月以降は調整色が強まり、足元では1万9,500円をはさんだ推移となっています。日経平均株価の予想変動率を示す日経平均ボラティリティ・インデックス(VI)も8月以降上昇しており、先行き不透明感が強まっています。

■先行き不透明感が強まっている要因として、トランプ政権の政治的な不安定という悪材料や北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりが、ドル安・円高の流れを強めていることが挙げられます。

【ポイント2】小型株指数が相対的に堅調

TOPIX Smallは底堅く推移

■規模別株価指数を見ると、指数間で格差が表れています。大型株指数であるTOPIX100や中型株指数のTOPIX Mid400は日経平均株価と同様に調整色が強まっていますが、小型株の指数TOPIX Smallは変動幅は大きいものの、下値を切り下げる展開とはなっていません。

【今後の展開】小型株優位が続く見通し

■今後も小型株の優位が続く可能性があります。大型株が輸送用機器、電気機器など輸出の多い製造業のウエイトが高いのに対して、小型株は内需関連のサービスや消費などの非製造業が大部分を占めているのが特徴です。内需中心の小型株は大型株に比べて為替との連動性が相対的に低い点も特徴です。

■8月の景気ウォッチャーでは、家計動向関連などの先行きに期待が持たれています。円高局面が続いても、小型株には優位な環境が続きそうです。

関連マーケットレポート