最近の指標から見る中国経済(2017年1月)
安定成長を維持 【デイリー】

2017年1月20日

【ポイント1】昨年の成長率は+6.7%

政府目標をクリア

■中国国家統計局が、20日に公表した2016年10-12月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除く実質値で前年同期比+6.8%でした。市場予想(ブルームバーグ)の同+6.7%、7-9月期の同+6.7%を僅かながらも上回りました。

■年間では+6.7%成長となり、習近平指導部の16年の目標「+6.5%~+7.0%」をクリアしました。かつてのような高成長とはいえないものの、安定した軌道を辿っていると評価できます。

【ポイント2】消費、生産は堅調に推移

民間投資も持ち直しの方向

■月次の統計を見ると、12月の小売売上高は前年同月比+10.9% でした。10月の+10.0% 、11月の同+10.8%から緩やかに加速しています。鉱工業生産は同+6.0%と、11月の同+6.2%から鈍化したものの、堅調に推移しています。

■一方、1月から12月までの累計の固定資産投資は前年同期比+8.1%でした。前月の同+8.3%(11月までの年初来累計の前年同期比)から鈍
化しましたが、民間投資は8月の同+2.1%を当面の底として12月の同+3.2%まで持ち直しています。

【今後の展開】経済は安定成長を維持へ

■良好な雇用環境を背景とした個人消費の堅調な拡大、民間投資の持ち直しなどから、17年も前年比+6%台後半の安定した成長が続く見込みです。ただし、米国第一主義を掲げるトランプ新政権の貿易政策には、注意を払っておく必要がありそうです。

関連マーケットレポート