インド株は最高値を更新、景気回復期待が高まる

新規感染者の落ち着きでアジア株の中で選好される

2021年8月18日

【ポイント1】SENSEXは連日高値更新

■インド株式市場は、6月以降高値圏でもみ合いを続けていましたが、8月に入ると、好調な企業業績などを背景に一段高となり、連日最高値を更新しています。代表的な株価指数のSENSEX指数は、52,000ポイント近辺で狭いレンジで一進一退の動きを続けた後、レンジを上抜け、13日には初めて55,000ポイント台に達しました。4-6月期の決算が好調なことに加えて、インド準備銀行が8月の金融政策決定会合で緩和的な金融政策姿勢を維持したことなどが好感され、上値を試す展開となっています。

【ポイント2】アジア株が出遅れる中、インド株は堅調

■一方、他のアジア株は総じて出遅れています。新型コロナウイルスのデルタ型がアジア地域で猛威を振るっていることに加え、中国当局の規制強化により中国株が大きく調整した影響を受けて、上値が重くなっています。


■こうした中で、インド株が最高値を更新しているのは、インドの新規感染者数が5月上旬の40万人から急減し、足元は3~4万人程度で比較的落ち着いていることがあります。また、中国の影響を受けにくいインド株がアジアの中で選好されているとみられます。

【今後の展開】感染のピークアウトによる景気回復期待で堅調に推移

■インド株式市場は、好調な企業業績や金融緩和政策の継続に加えて、新規感染者の落ち着きに伴う景気回復期待を背景に、今後も堅調に推移すると期待されます。ブルームバーグによるSENSEX指数の予想EPS(1株当たり利益)は足元で一段と伸びており、このところ一服している海外投資家の買いがインド企業の成長期待から再び加速する可能性もあります。

関連マーケットレポート