主要な資産の利回り比較(2021年5月)
リスク選好的な動きが続くなか、利回りは概ね低下

2021年6月9日

■5月の金融市場では、米国の大規模な追加経済対策や、各国の新型コロナワクチン接種の進展を背景に、世界的な景気回復期待が続いたことから、株式やリートなどのリスク性資産が引き続き堅調に推移しました。これらの配当利回りは概ね低下しました。


■国債利回りも概ね低下しました。米国では、消費者物価上昇率が予想を上回り、中旬に利回りが上昇したものの、米連邦準備制度理事会(FRB)高官がインフレ上昇は一時的との見方を示したことなどから債券に買いが入り、月間では国債利回りが低下しました。日本では、3回目となる緊急事態宣言がさらに延長されるなか、国債利回りはわずかながら低下しました。一方、欧州では、ワクチン接種の進展を受けた景気回復期待から、国債利回りは小幅に上昇しました。


■社債については、投資適格債の利回りが引き続き低下しましたが、ハイ・イールド債の利回りは先月までの低下傾向が一服しました。

関連マーケットレポート

日々のマーケットレポート
週次・月次市場情報