中国主要経済指標の伸びはやや鈍化
伸び率は鈍化しつつも、中国経済は順調な回復へ

2021年5月18日

【ポイント1】鉱工業生産は+9.8%

小売売上高は+17.7%

■中国国家統計局は17日、主要経済指標を発表しました。4月の鉱工業生産は前年同月比+9.8%となり、前月の+14.1%から伸び率が鈍化しました。品目別の生産量をみると、コロナショック以降需要が増えたコンピューター(+13.5%)や産業用ロボット(+43.0%)などが高い伸びとなりました。


■4月の小売売上高は前年同月比+17.7%と、前月の+34.2%から伸び率が大きく鈍化し、市場予想の+25.0%を下回りました。業種別にみると、新型コロナウイルスの影響で前年に低迷した反動で飲食業は+46.4%と高い伸びでしたが、前月の+91.6%からは減速しました。

【ポイント2】固定資産投資は+19.9%

民間投資は+21.0%

■また、1~4月の固定資産投資も前年同期比+19.9%と、1~3月の+25.6%から伸び率が鈍化しました。内訳をみると、約6割を占める民間投資が+21.0%、インフラ投資は+18.4%となり、それぞれ前月から伸び率が縮小しました。

【今後の展開】中国経済の順調な回復から中国株は堅調さを取り戻そう

■4月の主要経済指標はいずれも前月から伸び率が鈍化しました。これは、中国が新型コロナウイルスの感染抑制にいち早く成功し、経済活動の早期回復を実現したことで、昨年4月には多くの指標が大幅に改善していたためです。今後も中国経済は前年比でみた伸び率は鈍化しつつも、順調に回復を続けるとみられます。


■主要指標の発表を受けた17日の中国株式市場は、順調な景気回復との見方から、MSCIチャイナなどの株価指数が上昇しました。このところ米中対立などから株価が調整していますが、バリュエーションは予想PERで15倍割れに低下し、割高感が後退していることから、株式市場は堅調さを取り戻すと期待されます。

関連マーケットレポート