2021年5月の注目イベント
各国・地域のコロナ感染とワクチン接種状況が注目される

2021年4月26日

■世界で新型コロナウイルスの感染拡大が再び鮮明になっています。4月22日時点の1日あたりの新規感染者数(7日移動平均)は昨年12月のピーク時を超え、過去最多となりました。米英でワクチン接種が広がり感染が収まりつつある一方、インドや南米、欧州などでは変異ウイルスの猛威により感染拡大に歯止めがかかっていません。世界経済の回復は進んでいるものの、感染再拡大による不確実性が高まっています。


■こうした状況下、ワクチン接種や新規感染者数の状況により、金融・為替市場でパフォーマンス格差が生じています。新興国の中では、コロナ感染拡大に伴う通貨安を受けて利上げに踏み切る国が出ているほか、日本でも3回目となる新型コロナウイルスの緊急事態宣言が嫌気されました。今後も市場はワクチン接種や感染者数を材料視するとみられ、各国の対応や感染状況が注目されます。


■5月中旬に米国の物価指標が発表されます。米国のインフレがどの程度の水準まで上昇するか、今後の米国の金融政策に影響を及ぼす可能性の点で注目されます。

関連マーケットレポート