中国の鉱工業生産は2カ月連続プラス(2020年5月)
景気は生産主導で4‐6月期以降持ち直しへ

2020年6月16日

【ポイント1】鉱工業生産はプラス維持

小売売上高も持ち直し

■中国国家統計局は15日、5月の主要経済指標を発表しました。5月の鉱工業生産は前年同月比4.4%増と2カ月連続でプラスとなり、4月の3.9%増から伸び率が拡大しました。品目別の生産量をみると、自動車が19.0%増、在宅勤務で需要が増えたコンピューターが22.3%増と高い伸びとなりました。新型コロナウイルスの打撃から生産はいち早く回復しています。

■5月の小売売上高は前年同月比2.8%減と、4月の7.5%減から減少率が縮小しました。業種別にみると、新車販売が好調だった自動車関連が3.5%増と前年を上回りました。しかし、飲食業は18.9%減と、4月の31.1%減からは改善したものの、新型コロナの影響が続き、回復が遅れています。

【ポイント2】固定資産投資も改善

不動産開発投資は前年並みに

■1~5月の固定資産投資は前年同期比6.3%減と、1~4月の10.3%減から減少率が縮小しました。内訳をみると、堅調なマンション販売などから、不動産開発投資が前年同期比0.3%減と、ほぼ前年並みまで回復しました。

【今後の展開】生産主導で景気は4‐6月期以降持ち直しへ

■中国経済は新型コロナの影響で1-3月期に深刻な打撃を受けたものの、いち早く感染拡大の封じ込めに成功し、生産主導で徐々に回復しつつあります。ただ、国家統計局は、世界経済が厳しさを増しており、経済運営が多くのリスクと困難に直面していると述べ、消費者の感染に対する警戒心などから、消費の見通しについてやや慎重な見方を示しています。こうした中、弊社は、生産に比べて出遅れている投資と消費が7-9月期に、コロナショック以前の水準(昨年12月時点)を回復すると予想しています。

関連マーケットレポート