インド株式市場は軟調(2020年5月)
都市封鎖の再延長を嫌気、景気刺激策は期待に届かず

2020年5月22日

【ポイント1】5月のSENSEX指数は軟調推移

■5月のインド株式市場は、インド政府が5月3日を期限としていた都市封鎖を17日まで再延長すると発表したことなどを嫌気して、月初から下落して始まり、軟調な展開が続きました。12日にモディ首相が発表した20兆ルピー規模の経済対策が好感される局面がありましたが、その後、経済対策の詳細が発表されると失望感が広がり、反落しました。政府が17日、都市封鎖を31日まで再度延長すると発表したことも投資家心理を冷やしました。代表的な株価指数のSENSEX指数は、4月末の33,717ポイントから下落基調が続き、18日には30,028ポイントと、約1カ月ぶりの安値をつけました。その後は小反発しています。

【ポイント2】インド政府は追加の経済刺激策を発表

■モディ首相は12日、名目GDPの10%に相当する、20兆ルピー規模の追加経済対策を打ち出すと表明しました。これを受け、インドの財務相は13日から、追加経済刺激策の内訳を発表しましたが、その多くの部分は信用枠供与で、追加の財政支出額は小規模にとどまりました。企業の資金繰りにはプラスとみられますが、経済成長への寄与は限定的になりそうです。

【今後の展開】新型コロナの新規感染者数ピークアウトが待たれる

■インド株式市場は、欧米や他のアジアの株式市場が経済再開への期待感から堅調に推移するなか、出遅れ感が強まっています。ただし、新型コロナ対策の都市封鎖の再延長による経済活動の停滞や、新規感染者増加から当面上値が重い展開が続きそうです。インドの経済成長見通しも感染拡大を受けて4月以降大きく下方修正されています。投資家心理が好転するには、新規感染者数のピークアウトが必要と思われます。

関連マーケットレポート