米国株式市場~予想PER18倍台は維持可能か?
低金利持続がドライバーだが利益水準の改善に期待

2019年12月20日

【ポイント1】S&P500は史上最高値を更新

米中部分合意を好感

■米国株式市場は、大きな懸念材料であった米中貿易交渉が部分合意に至ったことで、世界景気の先行きに対する期待が強まり、株価上昇に拍車がかかっています。19日にS&P500種指数は3,205.37と初の3,200乗せとなりました。NYダウ平均株価、NASDAQ総合指数も再び史上最高値を更新しました。

【ポイント2】予想PERは18倍台に乗る

2017年10月以来

■株価上昇によって、S&P500種指数の12カ月先予想株価収益率(PER)が18.1倍と2017年10月以来の18倍台乗せとなりました。前回と今回では大きな相違点が2点あります。

■第1点は、2017年当時は予想利益が大きく上昇したことです。トランプ大統領が法人税減税を実施したことで、将来の成長に対する期待が大きく膨らみ、PERが拡張しました。今回は利益水準の改善は極めて緩やかです。

■第2点は、長期金利の水準が低いことです。2017年当時の10年国債利回りの水準は2.3%~2.8%台で推移しました。現在は1.8%~1.9%です。10年国債利回りとPERの逆数である益回りの差を調べると、2017年当時は▲3.1%ポイント前後で、足元は▲3.6%ポイントと当時よりも割高感がありません。

【今後の展開】低金利持続がドライバーだが利益水準の改善に期待

■今回の予想PER18倍台は低金利が支えていると言えそうですが、今後はやはり業績の改善が重要です。業績予想の改善度合いを示すリビジョン・インデックスを見ると、2017年当時はプラス圏に浮上し、株価を下支えしました。現在(12月12日、4週間移動平均)は▲12.9で改善途上にあります。景況感の改善が強まり、増益期待が高まることによって、リビジョン・インデックスのプラス転換も可能です。米中の部分合意が円滑に履行され、業績の好転を伴えば、米国株式市場は予想PER18倍台を維持できると考えられます。

関連マーケットレポート