トルコの金融政策(2018年9月)
6.25%の利上げ、トルコリラは一先ず落ち着く【デイリー】

2018年9月14日

【ポイント1】6.25%の利上げ

利上げ幅は市場予想を上回る

■トルコ中央銀行(以下、中銀)は13日の金融政策決定会合で、主要な政策金利である1週間レポ金利を6.25%引き上げ24.00%とすることを決定しました。市場(ブルームバーグ集計)の3.25%の利上げ予想を大幅に上回る結果となりました。

■その他の政策金利も後期流動性貸出金利が20.75%から27.00%、翌日物貸出金利が19.25%から24.00%、翌日物借入金利が16.25%から22.50%と大幅に引き上げられました。

【ポイント2】インフレを警戒

金融引き締め姿勢を維持

■中銀は声明文で、「今後も物価安定目標に向けてあらゆる手段を活用する。インフレ期待、価格設定動向、これまでの金融引き締め政策の効果、財政政策の寄与、その他のインフレ率に影響を与える要因を注視する」としました。中銀は必要であれば更なる金融引き締めを行うとしています。

■今回の利上げが市場予想を上回ったのは、中銀が直近のトルコリラの暴落を受け、物価の安定に対して重大なリスクを認識し、対応していく意思を市場に伝える意図があったと考えられます。

【今後の展開】トルコリラは対米関係を含めた政治情勢に注視が必要

■7月下旬以降トルコリラ相場は対ドルで大幅に下落しました。トルコリラの暴落の背景として、(1)極めて高いインフレ率と大きな経常赤字、(2)エルドアン大統領の強権的な政策運営、(3)対米関係の悪化、などが指摘されています。こうした中、中銀が市場予想を上回る利上げに踏み切ったことで、トルコリラは一先ず落ち着きました。しかし、エルドアン大統領の言動を見る限り、今回の利上げに対しても不信感を抱いている印象があり、また、対米関係も改善の兆しは見られません。政治情勢を引き続き注視する必要がありそうです。

関連マーケットレポート