インドの経済・市場動向(2018年4月前半)
債券市場は堅調推移、株式市場は持ち直し【デイリー】

2018年4月11日

【ポイント1】債券市場は堅調な展開

長期金利は一時昨年12月以来の7.1%台まで低下

■昨年秋以降、下落基調が続いてきたインド債券市場は、3月中旬以降堅調な展開となっています。インド政府が発表した18年度上期の国債発行予定額が市場予想を下回ったことや、インド準備銀行が金融政策決定会合でインフレ見通しを引き下げたことに加え、外国人投資家のインド債券の投資上限が引き上げられたことが好感され、債券市場は大きく上昇しました。4月10日には利食いとみられる売りが入りましたが、インドの10年国債利回りは、3月初の7.7%台から、一時昨年12月以来となる7.1%台まで低下しました。

【ポイント2】株式市場は持ち直し

インド準備銀行のインフレ見通し引き下げ等を好感

■インド株式市場では、主要株価指数のSENSEXが3月下旬の年初来安値圏から反発し、4月に入り持ち直しの動きが続いています。引き続き米中の貿易摩擦の激化が懸念されるなかで、株式市場の上値は抑えられているものの、インド準備銀行がインフレ見通しを引き下げ、金融政策の引き締め観測が後退したことなどが好感され、買い戻しの動きが優勢となりました。

【今後の展開】株式市場は企業の決算発表が注目される

■インドの3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.0と、景気堅調を示唆しています。米中の貿易摩擦の不透明感は残るものの、経済成長が加速するなか、株式市場では、企業の決算発表が注目されます。ブルームバーグのコンセンサスによれば、18年1-3月期は前年同期比15.8%増益が見込まれています。

■債券市場は、インド準備銀行がインフレ見通しを下方修正したことで、当面現状の中立スタンスを維持するとみられることから一進一退の動きとなり、長期金利はもみ合う展開が予想されます。

関連マーケットレポート