米国の金融政策は現状維持(2018年1月)
政策金利は据え置き、緩やかな利上げを継続へ【デイリー】

2018年2月1日

【ポイント1】政策金利を据え置き

全会一致の決定

■1月30日~31日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、市場の予想通り、政策金利(FFレート)の誘導レンジを1.25%~1.50%で据え置くことを、全会一致で決定しました。

【ポイント2】物価見通しを上方修正

景気の評価は据え置き

■公表された声明文では、「経済は堅調な速度で成長し、労働市場は引き続き力強さを増した」との評価が維持されました。

■前回の声明文にあったハリケーンの影響に関する文言は削除されました。「ハリケーンの影響は一過性のものにとどまる」とした前回の見方が、正しかったことを示すものです。

■物価については、前回の「短期的に米連邦準備制度理事会(FRB)の目標値である+2%を下回って推移する見通し」から「今年は上昇が見込まれる」に上方修正されました。FOMC参加者が、昨年の物価上昇率の鈍化は、携帯電話サービス料金の大幅値下げ等による一時的なものと見ていることを示唆するものです。

【今後の展開】「緩やかなペースでの利上げ」が継続される見通し

■金融政策の先行きに関しては、「経済および労働市場の情勢は、さらなる漸進的な利上げを正当化する」と述べました。今後も緩やかな利上げが継続される見通しです。なお、次回FOMCからFRB議長がイエレン現議長からパウエル現理事に交代しますが、緩やかな利上げ路線に変更はなさそうです。

■今回の決定は事前の予想通りでしたが、今年も緩やかながら利上げが継続されるとの見方から、31日の米国市場では債券価格が小幅な下落(債券利回りは上昇)となりました。一方、株価は民間集計の雇用統計など、景気の拡大持続を示唆する景気指標により強く反応し、上昇しました。

関連マーケットレポート