原油価格の動向(2018年1月)
原油価格は約3年ぶりの高値【デイリー】

2018年1月30日

【ポイント1】原油価格は約3年ぶり高値

12月はベネズエラで減産が加速

■原油価格はWTIで見て、17年10月上旬に1バレル当たり50ドル割れとなりました。その後は上昇に転じ、足元では65ドル程度と、14年12月以来の水準にまで上昇しています。

■石油輸出国機構(OPEC)およびOPEC非加盟国が18年末までの協調減産を遵守する中、12月は北海油田の操業縮小や政情混乱が続くベネズエラで減産が加速しました。こうした背景などから、需給は引き締まり、原油価格が上昇しています。

【ポイント2】需給は引き締まる方向

OPECの生産枠遵守が求められる

■OPEC月報の18年1月号によれば、17年の原油需要は世界全体で日量9,699万バレルと前年比同157万バレルの増加、18年は同じく同9,851万バレルと同153万バレルの増加となる見通しです。

■一方、供給量は、非OPEC産油国が17年は同6,409万バレル、18年は同6,542万バレル程度と予測されています。従って、OPECが現状の生産水準である同3,200~3,300万バレル程度を維持するならば、需給は引き締まると見られます。

【今後の展開】米国の増産が見込まれ、上値の余地は限定的

■世界経済の好調さを背景に、18年は17年を上回る需要が見込まれています。OPEC及びOPEC非加盟国による協調減産が遵守されれば、原油価格は堅調に推移すると見込まれます。

■一方で、原油価格が上昇してくると米国でシェールオイルの生産の増加が見込まれます。このため、原油価格の上昇余地は限定的と見られます。ちなみに、18年には米国の生産量がサウジアラビアを抜いてロシアに匹敵する見通しです。

関連マーケットレポート