ECBの『テーパリング』とユーロ高の関係【キーワード】

2017年7月26日

<今日のキーワード>
ユーロドル相場は、2015年の春以降、概ね1ユーロ=1.05~1.15ドルの間を上下する展開が続いていましたが、今年に入って上昇し、足元では1.16台をつけて、これまでの取引レンジを上に抜ける展開となっています。その背景にあるのが欧州中央銀行(ECB)の金融緩和政策が正常化に向かうとの市場の期待です。特にECBの『テーパリング(量的緩和の縮小)』を巡る思惑が市場を動かしている模様です。

【ポイント1】6月下旬のドラギ総裁発言以降ユーロ高加速

ECB理事会では金融政策変更と『テーパリング』の地ならしなし

■ECBのドラギ総裁は6月下旬のECB年次総会で、「デフレ圧力はインフレの力に置き換わった」と発言しました。この発言以降、市場ではECBが『テーパリング』に動くとの見方が強まり、通貨ユーロの上昇が加速しています。

■ECBは7月20日の理事会で、金融政策の現状維持を決定しました。量的金融緩和については、毎月600億ユーロの買い入れを今年末まで続けることが確認され、『テーパリング』に向けた地ならしは行われませんでした。

【ポイント2】ドラギ総裁発言でユーロ高

1年11カ月ぶりのユーロ高水準

■ECB理事会では『テーパリング』に関する言及はありませんでしたが、為替市場は、記者会見でドラギ総裁が「政策変更の議論は秋に行う」とした発言に着目しました。為替市場では、ドラギ総裁がユーロ高に懸念を示さなかったことで、『テーパリング』の議論が順調に進むと受け止めたようです。

■ユーロは対ドルで、1ユーロ=1.16ドル台と約1年11カ月ぶりのドル安・ユーロ高水準まで上昇しました。ユーロは対円では一時130円台をつけました。

【今後の展開】ユーロ高基調は続く見込み

■量的緩和策の「出口」に向け市場の注目が集まるなか、ドラギ総裁は難しいかじ取りが求められます。9月のECB理事会では『テーパリング』をアナウンスすると見られますが、ユーロ高と金利上昇が進行し、ECBの物価見通しが下振れすれば、アナウンスのタイミングや『テーパリング』の実施時期が後ずれする可能性もあります。

■しかし、ユーロ圏の景気拡大が続くなか、ECBが『テーパリング』に踏み出す方向性は固まっているため、ユーロ高基調は続く公算が大きいと見られます。特に、2%の物価目標達成時期を1年先送りし、超金融緩和の継続姿勢を示した日銀との違いは鮮明であり、対円でのユーロ高が継続する可能性があります。

関連マーケットレポート