間もなく接種開始、新型コロナ『ワクチン実用化』へ

2020年12月3日

<今日のキーワード>
新型コロナウイルスの感染が世界各地で再拡大を迎えており、国内でもこれまで以上の感染拡大のおそれが出ています。そうした中、今月に入り一部の『ワクチン実用化』が現実となる見通しとなりました。欧米や中国の製薬企業などが驚異的な速さで開発を行い、12月2日、英当局はファイザー/ビオンテック社のワクチンを承認しました。医療従事者や高齢者などへの一刻も早い接種開始が期待されます。

【ポイント1】欧米勢の有効性は高く、『ワクチン実用化』は秒読み

■ワクチン開発は世界の主要薬品企業を中心に急ピッチで開発が行われています。米ファイザー/独ベンチャーのビオンテックや米モデルナ、英アストラゼネカ/英オックスフォード大学などが開発したワクチンは高い有効性が確認され、年内にも接種が始まる見通しとなりました。ファイザー/ビオンテックとモデルナはいずれもmRNA(伝令RNA)技術を使った新しい種類のワクチンです。この種類のワクチンの安全性は未知数ですが、長年、様々な病気に対する医薬品を作る試みが進んでいました。

■なお、12月2日、英当局はファイザー/ビオンテック社のワクチンを承認しました。医療従事者や高齢者などへの一刻も早い接種開始が期待されます。

■英製薬大手のアストラゼネカがオックスフォード大学と開発しているワクチンについては、通常の冷蔵庫の温度での長期保管が可能です。価格も低いため途上国へのワクチン供給が期待されます。

【ポイント2】中国は伝統的手法を活用

■中国は、一時は開発の先頭集団を走っていましたが、英医学誌ランセットに掲載された論文によると、有効性は中程度と評価されています。中国では不活化ワクチンと言われる、伝統的な手法でのワクチン開発が行われていますが、最新技術を使った欧米勢のワクチンと比較するとやや見劣りする模様です。

【今後の展開】今後は、国産の『ワクチン実用化』にも期待 

■欧米や中国に比べ出遅れたと言われている日本のワクチン開発も、明治HD傘下のKMバイオロジクスや塩野義製薬は、早ければ年内に臨床試験に入ると言われています。他国で確立された技術を使った開発をすすめており、未知の副作用を心配する人へ国産のワクチンという選択肢が提供されることが期待されます。

※個別銘柄に言及していますが、当該銘柄を推奨するものではありません。

関連マーケットレポート

日々のマーケットレポート
日々のマーケットレポート