『法人企業統計』、設備投資が鈍化【キーワード】

2018年12月4日

<今日のキーワード>
『法人企業統計』は、企業活動の実態を把握する目的で実施されている統計調査で、財務省から3カ月に1度発表されます。2018年7-9月期の全産業(金融・保険業除く)の設備投資は前年同期比+4.5%と、8四半期連続でプラスとなりました。ただし、前期から伸び率が大幅に縮小しました。調査結果は、12月10日に発表される7-9月期の国内総生産(GDP)改定値に反映され、経済成長率は下方修正が見込まれます。

【ポイント1】設備投資は前年同期比+4.5%

GDPの基礎統計となる「ソフトウエア除く全産業」は前期比▲4.0%

■12月3日に発表された2018年7-9月期の『法人企業統計』によると、全産業(金融・保険業除く)の設備投資は、前年同期比+4.5%と8四半期連続のプラスとなりました。ただし、4-6月期(同+12.8%)から伸び率が大きく縮小しました。内訳をみると、製造業が同+5.1%と、前期(同+19.8%)から大きく減速しました。非製造業も同+4.2%と、前期(同+9.2%)から減速しました。

■GDP改定値を算出する基礎となり、注目度の高い「ソフトウエア除く全産業」の設備投資の季節調整後の前期比は▲4.0%と、5四半期ぶりに減少しました。

【ポイント2】経常利益は伸び率鈍化

売上高は伸び率拡大

■全産業(金融・保険業除く)の経常利益は、前年同期比+2.2%と9四半期連続で増益となりました。ただし、前期の同+17.9%から伸び率が大きく鈍化しました。内訳をみると、コスト増などから製造業が同▲1.6%とマイナスに転じました。非製造業も同+4.6%と、減速しました。

■一方、売上高は、同+6.0%と、4-6月期の同+5.1%から伸び率が拡大し、8四半期連続の増収となりました。ただ、前期比では、海外景気の減速による輸出の足踏みに、自然災害による供給制約の下押しも加わり、製造業の売上高が▲1.1%と5四半期ぶりに減少しました。

【今後の展開】GDP改定値は下方修正へ

■今回の『法人企業統計』の結果は、12月10日発表の7-9月期のGDP改定値に反映されます。設備投資項目が下振れ要因となり、経済成長率は速報値から下方修正されるとみられます。

■『法人企業統計』によれば、設備投資や経常利益が前期から大きく鈍化しました。この背景には、企業の米中貿易摩擦の激化に対する懸念があると考えられます。米中首脳会談で貿易摩擦問題は一時棚上げされたものの、先行き再燃する恐れがあり、引き続き今後の通商交渉の行方が注目されます。

 

関連マーケットレポート

日々のマーケットレポート
日々のマーケットレポート