裁定売り(さいていうり)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利

先物価格が割安で現物価格が割高なとき、先物を買って現物を売る取引。価格差が解消されれば、取引を手じまいして利益を得ることができます。価格差が解消されない場合はポジションを繰り越し(ロールオーバー)します。金利差や価格差に注目し、割安な投資対象を買い、割高な投資対象を売るポジションを取ることで、両者のサヤを抜こうとする手法を「裁定取引」と呼びます。
裁定買い

情報提供:株式会社時事通信社