劣後株式(れつごかぶしき)

解説

関連カテゴリ: 株式 経済

種類株式のひとつで、利益の配当金や残余財産の分配の優先順位が普通株よりも後になる株式。「後配株」とも呼ばれます。株主平等の原則から、株主は保有する株式数に応じて同じ権利内容を持ちますが、例外として普通株式よりも優先的、あるいは劣後した取り扱いを受ける株式の発行が認められています。劣後株は、主に普通株を保有する株主の利益を損なわないよう資金調達する際に発行されます。優先順位が普通株よりも前になる株式は「優先株」と呼ばれます。
優先株

情報提供:株式会社時事通信社