繰延税金負債(くりのべぜいきんふさい)

解説

関連カテゴリ: 経済

税効果会計を適用している場合、将来的に支払う必要がある税金に相当する勘定科目。会計と税法では資産と負債の認識時点が異なるため、差額が発生することがあります。会計上の利益が税務上の課税所得を上回った場合、差額分に対して翌期以降の会計期間で課税されることになります。この差額に対する税金相当額のことを繰延税金負債と呼びます。

情報提供:株式会社時事通信社