欧州経済共同体(おうしゅうけいざいきょうどうたい)

解説

関連カテゴリ: 経済

加盟国の経済統合を目指して設立された欧州の機関。略称はEEC(European Economic Community)で、1958年にフランス、西ドイツ(当時)、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6カ国が参加して発足しました。67年に欧州共同体(EC)、93年に欧州連合(EU)へと発展しながら、徐々に加盟国を増やしています。

情報提供:株式会社時事通信社