対当売買(たいとうばいばい)

解説

関連カテゴリ: 株式

自分自身で同一銘柄の売り注文と買い注文を同時に発注し、約定させる取引。仮装売買とも呼ばれます。権利の移転を目的としておらず、市場で需給があるかのように装い、他の投資家を誤認させる相場操縦取引として金融商品取引法で禁止されています。

情報提供:株式会社時事通信社