閑散に売りなし(かんさんにうりなし)

解説

関連カテゴリ: 株式

出来高売買代金が低調なとき、株式を売るのは得策ではないとされること。株式相場が上下に動かず、売買が活況でないときは、売りが一巡している可能性があります。一定期間後に株価が反騰して上昇局面になることもあるため、保有株を売ってしまうと思わぬ損失を被る恐れがあるとされています。相場格言のひとつです。

情報提供:株式会社時事通信社